ジェットスター・ジャパンの国内キャンペーンを娘からサプライズプレゼントされました。

LCC=低サービスや整備不良機体など負のイメージ

ジェットスター・ジャパン 国内 キャンペーン / LCC格安航空会社なび!激安飛行機会社の比較/一覧

私は、LCCイコール低サービスや整備不良機体など負のイメージを偏見として持っていたので、沖縄旅行で初めて利用して国内線なら遜色が無いのかと思いました。
ジェットスター・ジャパンには、沖縄旅行の良いイメージが残っていたのでゴールデンウイークの4月28日と5月6日に成田空港と札幌空港間を往復で利用しましたが、大手航空会社に比べて繁忙期でありながら予約が取りやすく安いので、札幌で1泊余分に宿泊して5月7日の朝の便で帰っても良いなとも夫婦で話していました。
ジェットスター・ジャパンは、航空会社としての必要最低限の発着時間やサービスなどは満たしていますが、5月6日の帰り便でキャビンアテンダントの差が明らかに見て取れる事があり、少し幻滅した次第です。
キャビンアテンダントは、飛行中の利用者にサービスする事も重要な役割だと思いますが、最も重要な役割は緊急時の適切な対応により利用客の生命を守る事だと思います。
しかし、私が利用した便には、正社員のキャビンアテンダントが1人で後は契約社員のキャビンアテンダントの様に思え不安になると共にLCCのカラクリを目の当たりにさせられました。

成田空港から沖縄空港までジェットスター・ジャパンを利用したLCC=低サービスや整備不良機体など負のイメージキャビンアテンダントに差がある